スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せなんて そこら中いっぱい落ちてるから
2007年02月26日 (月) | 編集 |
ちわーっす。昨日19歳を迎えたばかりの鹿籠でっす!
1ヶ月近く放置してました…orz

おっけ。今日から再起動でっす!
目指せ毎日更新!


で記念すべき(?)今日はなんと!!新しく始めるバイト先に日程を伝えるべく、現バイト先に赴いてシフトを確認するという大仕事をやってのけました!(時間にして30分
そこで知ってしまった驚愕の事実!


な、なんと3連勤!!


orz


で、まあ時間も余ったんで三宮へと。
ドラムの練習パッドを買いに行ったつもりなんですけど、あっちこっち見てて結局忘れてましたorz
まあでも一人でブラブラするのもなかなかいいもんです。気兼ねしなくていいし。
たまにはこういうのもいいかな。440円かかるけど。


帰りに「さよなら絶望先生」買いました。
軽くダークなギャグマンガですよ。第三者としてみてるぶんにはおもしろいんじゃないすかね。
まあ実際にいたらうz(ry
ま、まあおもしろいですよ。お勧めです。


Today's Word
「ひびき」Mr.Children
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さよなら絶望先生『さよなら絶望先生』(さよなら ぜつぼうせんせい)は、久米田康治が「週刊少年マガジン」(講談社)の2005年21,22号から連載を始めたギャグ漫画である。前作「かってに改蔵」に比べるといささか地味な印象を受けるが、培ったノウハウそのものは健在であ
2007/04/08(Sun) 18:26:50 |  このマンガが読みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。